2019年6月19日水曜日

ログハウス・メンテナンス ログハウスの隙間

ログハウスの隙間

ハンドカットログハウスの場合はログとログの間に隙間ができることがよくあります。ログは大きな木なので、ねじれたりクラックがはいったり、とにかくよく動きます。ログとログの間に隙間ができたり、ログにクラックが入ってしまうのはログハウスの宿命ともいえるものです。大切なのは適切なメンテナンスを行って、大切なログハウスを風雨から守ることです。

チンキング

ログとログの間は比較的大きな隙間ができることがあります。2cmを超える大きな隙間を埋めるのは通常のコーキングでは難しいです。サシュコのログジャムはこのような大きな隙間をうめるためのチンキングざいです。チンキングは周りの色に合わせて目立たなくするのも良いのですが、グレーなどをつかってアクセントをつけデザイン性を上げることよくあります。昔はチンキングにモルタルを使っていたこともあり、グレーやホワイトをつかってチンキングをするのは以外と人気です。


コーキング

ログ自体も湿度を吸ったり吐きだしたり、日光であたたまったり、夜の冷気で冷えたりを繰り返すことでクラックがはいってきます。このようにヒビが入るのはログにとっては自然のことです。うろたえずにしっかりと手入れをしてあげてください。特に上向きのクラックは雨が入るので要注意です。ほうっておくと腐りの原因になります。一度、クラックを埋めたからといって、もう大丈夫ということではないです。6か月ごとぐらいに点検して必要な場合は追加のコーキングをうってください。






2019年6月17日月曜日

ログハウスにはログハウス用のステインがおすすめです!

キャプチャー&カスケード

サシュコのキャプチャー&カスケードはログハウスのために特別に開発されたウッドステインです。塗膜を作るタイプのステインですが、浸透性ステインと比べ以下の点においてすぐれています。

・耐久性/保護力 → 浸透性と比べるとログ表面にのこるので、ログを守ります
・コーキングやチンキング剤との相性 → 水性なのでコーキング類を溶かしません。
・メンテ性 → 基本的に透明なカスケードの上塗りでメンテします。
・色が濃くなってゆかない → 透明なカスケードはログの色を濃くしません。







2019年5月20日月曜日

ログハウスには防虫処置が必要です!

ログハウスの防虫には Timbor がおすすめです!

Timbor の噴霧の様子の写真です。写真のように噴霧器を用いて、乾いたログ壁または木材に散布します。初めの散布終了後4~24時間後に2度目の散布を行うとより高い効果が期待できます。

※ ペネトリート散布後にステインを塗布する場合はペネトリートが完全に乾いてから行ってください。



※Timbor は Penetreat と同じ商品です。







2019年5月9日木曜日

ログハウスの防虫にはホウ酸塩がおすすめです。

以前、サシュコから販売されていたペネトリートは Timbor に変更されました。両方ともホウ酸塩による防虫剤で効果や使用法なども同じです。

特徴

防虫処理をせず、ログを放置するとコケ・カビが付着しやすくなり、虫もつきやすくなります。ホウ酸塩で下地処理しておけばコケ・カビの付着を防止し、虫も付きにくくします。TIMBORは、98%ホウ酸塩(DOT)で形成されています。

※ ホウ酸塩は米国やトルコの地下鉱脈から採掘される無機物で人体にも 比較的安全で環境に優しく、防虫・防腐・防カビ効果の高い、極めて経済的な保存剤として、JASや米国環境保全局(EPA)の認証をうけて世界中で昔から一般的に使用されています。

用途

塗装前のログハウスや木材一般に使用できます。



2019年4月14日日曜日

雨漏り補修にはスルーザルーフをお使いください!

屋根補修用のコーキング剤は、固くなりひび割れるものが多いです。固くなったコーキングは屋根の動きに追従できませんが、スルーザルーフを使えば大丈夫です。スルーザルーフは透明で防水性・柔軟性の高いコーキング剤です。雨漏りを止め、その後も雨の侵入を防ぎます。カートリッジタイプ、ブラシ塗りタイプをご用意しております。

※このようにフォームブラシで塗れるタイプもございます。



2018年8月31日金曜日

ログハウス・メンテナンス コーキングとチンキング

コーキングとチンキング

Logs ain't wood. 「ログは木材ではない。」とサシュコでは言っておりますが、ログは伸縮しますし、立ててから3~5年ぐらいはセトリング(沈みこみ)を起こします。そのため、ログとログの間にしばしば隙間ができてしまいます。それらの隙間を埋めるためにチンキングを行います。

また、ログは割れ目ができたりねじれをおこします。割れ目をそのままほうっておくと、ログ材の腐食を引き起こします。そのため、コーキング材でギャップを埋めておく必要があります。

※サシュコ社のログジャム(チンキング材)、コンシール(シーラント)はログハウス専用のチンキング材/シーラント剤です。

http://www.sashco.co.jp/workshop/sealant01.php

2016年12月5日月曜日

ログハウス・メンテナンス ブラストによるステイン剥離

ガラス・メディア・ブラスト(サンドブラスト)&コーンコブ・ブラスト

ログにステインを塗る際、下処理が重要です。どれだけ前のステインを剥離できるかが出来栄えのカギを握るといっても過言ではありません。剥離にはブラスト、サンディング、薬品剥離などいろいろな方法がありますが、今回はブラストによるログ表面のステインの剥離を紹介します。


こちらのビデオではガラス・メディア・ブラスト(サンドブラストに近い)とコーンコブ・ブラストを紹介します。ガラス・メディアのほうが固く剥離も早くできますが、きちんと養生をしないと周りのものに傷をつけてしまいます。その点、コーンコブのほうは傷をつけにくいのですが、隙間に入ったままにしておくとカビの発生を誘発する可能性があります。それぞれのメディアに長所短所があります。状況を踏まえ適切なメディアを選ぶことをお勧めします。